8月の運気 〜甲申 きのえ さる〜

08.062020

この記事は9分で読めます

こんにちは!
あなたを女神にする占い師の花えりです!

 

 

 

 

毎月恒例!

2020年8月の運気のテーマということで

お伝えしていきます!

 

 

 

 

 

 

2020年7月の運気を振り返り!

 

とその前に!

 

 

先月
7月がどんな運気だったのかということを
ちょっとおさらいしていきましょう!

 

 

 

皆様にとって7月ってどんな1カ月だったでしょうか?

 

 

 

2020年が折り返し地点ということで下半期に入っていった月でもありました!

 

 

 

7月 癸未 みずのと み

 

先月が運気ということで振り返っていきますと

 

 

7月は運命学的に暦の上では

 

 

癸未  みずのと  み

 

 

という1ヶ月だったんですね。

 

 

 

これは例えて言うならば

雨とか霧を表す 癸 という水のエネルギーと

 

 

未 十二支でいうひつじですね、

 

が組み合わさったテーマになっていくんですけれども

 

 

 

実際に雨が多い1ヶ月ではありましたよね。

 

梅雨の時期と重なっていたということもありました。

 

 

 

7月のテーマ「癒しの湖のように優しく包み込もう!」

 

その中で7月はどんなテーマがあったかと言うと

 

 

「癒しの湖のように優しく包み込もう」

 

 

というテーマを掲げていたんですね。

 

 

癒しの湖のように

優しく色々な出来事とか
ちょっと嫌だな思うような人がいたとしても

 

 

 

それを包み込むような関係性をつくっていこうねっていうふうに

お伝えしていたんですけれども

 

 

このテーマを意識されていた方っていらっしゃいますでしょうか?

 

 

 

私自身もですね7月は
いろいろ思うところがあって

 

人との関わり方というのはすごく変化があったなあというのは感じました。

 

 

 

それまでは好き嫌いで見てしまったりとか

苦手な人は、うーちょっと嫌だな・・・みたいな風に避けるようなこともあったんですけど

 

 

 

7月のこのテーマに則って

 

 

ちょっとで今まで苦手だなと思った人でさえも

 

 

ご縁があったら優しく包み込むかのように

 

 

ちょっと話しかけてみようかなとか

自分から近づいてみようかなとか

 

 

そういうふうに関わり方を変えていったら

 

なんだか自分もすごく楽になったというか

 

人によって態度を変えるようなことかもする必要がなくなったというか

 

 

どんな人でも優しく包み込んで行くみたいな

そういう自分に近づけてきたような気がするので

 

 

すごい1か月間学びになったなと感じています。

 

 

 

皆さんはどうだったでしょうか?

 

 

 

8月の運気の切り替わりは8月7日「立秋」

 

そんな中で、もう8月です。

 

 

8月の運気とテーマ、切り替わっていきます!

 

 

実際変わっていくのは

8月7日から本格的に運気が変わっていきます!

 

 

この時は暦で言うならば「立秋」ですよね。

 

 

もう秋に入っていくということなんですね。早いですね!

 

 

 

まだまだ現実的には残暑が残っていて
蒸し暑い日も続くとは思うんですけど

 

 

暦の上ではもう秋になっていきますので

 

 

徐々にこの気の状態も
もう夏至も過ぎたところですし

 

 

だんだん昼の時間が短くなってきて
夜が長くなっていくんだなって感じていく1か月なんじゃないかなと思います。

 

 

 

8月の運気  甲申 きのえ さる

では、お待たせしました!

 

 

8月はどういうにテーマがあるのか?ということをお伝えしていきますね!

 

 

 

暦では

 

甲申  というテーマになってきます!

 

 

暦には全部で60種類の干支があるんですね。

 

 

それが順番に繰り返し変わっていくよという話を
毎月させてもらってるんですけれども

 

 

その60種類の1つが

例えば今年で言うならば

ねずみ年だけど
ただのネズミではなくて

庚(かのえ)の子(ねずみ)だよ、よいう話をしていて

 

 

年ごとに移り変わる干支もあれば
月ごとに移り変わる干支もある

 

色々サイクルがあるんですね。

 

 

60干支と言ったりするんですけれども

 

 

その中の21番目です。

 

これが今月8月に巡ってくる暦になります

甲申 というものです。

 

 

甲(きのえ)  樹木

 

甲っていうのは例えて言うならば

 

 

木 ですね
樹木を表します。

 

 

木の陽の(+)性質なので

すごく男性的で強くて成長欲求があるというか

グングン上へと伸びていくようなエネルギッシュなイメージをしてほしいんですね。

 

 

樹木がドーン!とそびえ立ってるみたいな
そういうイメージです。

 

 

 

申(さる) は 秋

 

そして、申 は

十二支のさるになるんですけれども

 

 

この十二支の申を季節に表すならば

秋なんですよね。

 

 

8月は秋の季節になってきます。

 

 

申は秋を表しますし8月を表すって十二支のものなんですけど

 

 

これは先ほど話したように立秋ということで

暦の上で秋になっていくということなので

 

 

考えてみるならば今月 甲申というのは

 

 

秋の樹木

 

みたいなイメージなんですよね。

 

 

なのでこう樹木って色々春夏秋冬で分けて考えたら
それぞれイメージ変わってくるんですよ。

 

 

春だったらふわっとこれから
良いことが起きそうだなっていうようなイメージだったり

 

 

夏は本当に青々としていてすごくエネルギッシュな時期だと思います。

 

 

秋はちょっと色づき始めますよね。

 

 

秋の紅葉が見られるように哀愁を帯びていたりとか

あとは収穫の秋というふうに考えてたりします。

 

 

色々豊かに茂っていくよっていうようなことも考えられます。

お金っていう意味があったりもするんですね。

 

 

 

 

8月のテーマ 「自分軸を明確にして美しく生きよう!」

 

そういったところで今月のテーマ

何かっていうと

 

 

甲申  きのえ さる

 

 

「自分軸を明確にして美しく生きよう!」

 

 

というテーマを今月は掲げていきたいと思います!

 

 

自分軸を明確にして美しく生きる です。

 

 

自分軸っていうのは
甲という部分で

 

樹木が上へ上へと伸びていくから

 

 

その分自分の志を立てるとか
ちゃんと目標を持つとか

 

自分の信念を強く持つみたいな風により意識してもらいたいと思うんですよね。

 

 

 

2020年後半はより二極化が進む!?

 

少し前にですね

花えりチャンネルに占いの兄弟子の羽賀 ヒカルさん

ゲストでに出演してくださいました。

 

 

 

 

その時に2020年の後半はこうなる!どうなる!?
という

そういう話をしてくださったんですけど

 

 

これからより二極化の流れが出てくるよという話だったんですよ。

 

 

二極化っていうのは
すごく良い場合とそうじゃない場合みたいな風に

真っ二つに分かれていくというか

 

 

その差が激しくなるよということなんですね。

 

 

その2極化の流れっていうのは

現実的な部分

お金とか実績とかそういう仕事の部分でわかりやすく出るっていう場合もあれば

 

 

それ以外の精神的な部分も二極化していくよという話だったんですね。

 

 

精神的って何かっていうと
心の持ち方だよということです。

 

 

ちゃんと目標があったりとか

自分の信念がある人はそれがすごく生かされるようになっていくし

 

 

一方で自分というのがない人は

 

 

どんどんいろんなことに惑わされてしまったりとか
煽られたりとか色々社会のニュースとか
そういったものに流されてしまってブレブレになってしまうよ

 

 

みたいな話が羽賀さんからあったんですよね。

 

 

 

8月は特に「自分の信念」と「美しく生きる」を意識して!

 

そこにも関連しているわけで

 

 

8月は特に
甲という樹木のエネルギーが巡ってきてますので

 

1本スッと自分の信念みたいな

 

私はこれをやっていこう!とか
私はこうありたい!とか

 

 

そういうのを掲げてみるのはいいんじゃないかな思います。

 

 

 

美しさとは何か?

 

そこにプラス

 

美しく生きる

っていうのを意識してもらえるといいんじゃないかなと思います。

 

 

これは秋のテーマだっていうので

美しい紅葉が見られるっていうところから連想しているんですけど

 

 

美しく生きるっていうのは決して外見を着飾って
見た目だけを美しくしようと言っているわけではないんです。

 

 

美しい生き方ってどんなものなのかな?っていうのは
日々に考えてもらいたいなというところなんですよね。

 

 

例えば人に対して美しく接するするって何だろう?

 

 

人と関わった時にちゃんと礼儀正しくしてるか
挨拶はしてるだろうか

 

目の前の人が心地よくなってもらえるように
ちゃんと気配りできているだろうか?

 

 

それがちゃんと出来てたらそれって美しい人との関わり方という風に
なってくると思うんですね。

 

 

でも一方で
美しくないに関わり方って何だろう?

 

 

目の前のお相手に対して礼儀礼節が全然なってない
約束をしているのに遅刻をするとか

 

せっかく目の前の人が良くしてくれているのに
それに気付かずで感謝の気持ちがないとか

 

何かしてもらってるのにお礼もない・・

そういうのって美しくないじゃないですか。

 

 

そういった普段の人との関わり方というところで
美しい関わり方って何だろう?というのを
考えていってもらいたいですし

 

 

あとは自分自身の日常的なところでですよね、

美しさを求めると言うならば

 

お部屋の状態が美しいかどうかですよね。

 

 

ちゃんと掃除が行き渡っているかどうかっていうところもそうですし

 

 

あとは美しい食事の食べ方とかもあるじゃないですか。

 

 

ちゃんと目の前にある食材に感謝して
命をいただくかのようにおいしくねご飯をゆっくり味わっていただくっていうのも
美しい食べ方だと思うんですけど

 

 

一方で
忙しいからってパーッとかき込むような形でご飯を口の中に詰め込んで
噛まずにそのまま飲んじゃうみたいな

 

で、時間ばかり追われてご飯の味も覚えてないとかっていうのは

決して美しくないんですよね。

 

 

いろんなところで美しいかどうかっていうのは関わってくるんですよね。

 

 

私も本当まだまだ至らない部分はたくさんあるので

あぁ今の美しくなかったなって
反省することも毎日のようにあります。

 

 

でも
普段接している中で
あぁこの人美しい生き方してるなと
目指したい人が私にはいまして

 

 

北極老人ですよね
師匠の北極老人は本当に美しい生き方をされていて

 

 

憧れでもあり尊敬もしているし
私も近づきたいなっていう思いがあって
今こういう話をしてるんですね。

 

 

美しい生き方って何だろう?っていうのを日々私も考えていますし

 

 

このブログをご覧いただいている方にも意識してもらって

問いを持ってもらうというか

今の自分って美しいかな?っていうことですよね。

 

 

困っている人がいたらそれを率先して助けに行ける

それって美しいと思います。

 

 

でも困ってる人がいたとしても

 

あぁでも自分忙しいし
ちょっとそこまで助けられないなぁ

みたいな感じで

 

見て見ぬふりをして過ぎ去ってしまうのかというところでも

美しさって問われると思いますし

 

 

 

いろんなところで
美しさをどう自分の中で表現するかっていうのは

問われる場面って出てくると思うんですよね。

 

 

 

それで美しくいられなかったときに

あぁこここうしたらよかったな
みたいな風にまた反省しつつ
次に生かすみたいな
そういう感じで過ごしています。

 

 

 

 

8月のテーマを意識して自分の運命を変えていこう!

 

美しさとは何か?ということを伝えていきたんですけれども

 

 

今月のテーマ

振り返ってみますと

 

 

自分軸を明確にして美しく生きる

 

 

ということで

是非やってみてもらいたいなと思います!

 

 

きっと日々意識していくと
自然と目の前に起きる現象とか変わっていくと思うんですよね。

 

 

ちょっと意識するだけで自分の運命てどんどん変わっていくんですよね。

 

 

皆さんの未来がもっと豊かに輝いていってくれたら嬉しいなというふうに思います!

 

 

 

ということで
最後までお読みいただきありがとうございました!

花えりでした!

 

あなたの2020年の運勢を無料鑑定します

四柱推命鑑定実績3500名の運命学鑑定師
花木 えりなが「あなたの運勢バイオリズム」を無料鑑定します。
さらに、12年の運気が一目でわかる流年鑑定シート、
羽賀ヒカルさん「女神運を高める3つの法則」音声セミナーもプレゼント!。

 

お名前(ニックネーム)

メールアドレス

 

生年月日

西暦   

 

※「fortuna-salon.jp」 ドメインの受信許可をして頂いた上でお申込み下さい。
※お申込み後、返信メールが届きますのでご確認ください。
※メールが届かない場合は、入力頂いたアドレスに誤りがあるか、迷惑フィルターに入っている可能性がありますのでお確かめください

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA