ドーナツ化現象に注意!自分の内側から満たしていこう

05.212016

この記事は3分で読めます

Erina

 

こんにちは。

フォーチュンジュエル®アーティストの花木 えりなです。

 

今年は『女神ブーム』が湧き上がっているな〜と感じています。
フェイスブック上でもさまざまな『女神』が活躍されていますよね。
『アロマの愛され女神』や
『願いを叶える女神』、『MUSE ミューズ交流会』

『8人の女神フェスタ』など、

見ているだけでキラキラが伝わってきます。

 

※ちなみに、8人の女神フェスタに講師として登壇することになりました。

この件は、改めて告知させて頂きますね。

 

私自身、昨年から

『チャンスの女神フォーチュナ』

というビジョンを打ち出していて、

 

自分のラジオ番組で半年間のパーソナリティを務めさせて頂きました。

 

これからは、

『愛され女神になる!!』

というテーマで、『女神』を増やすべく活動していきます。
すべての方が『女神』ですからね。

(男性の場合は『男神』ですよ。^^)

 

では、『女神』になるためにどうしたらよいか?

 

ご自身のフォーチュンジュエル®を
目覚めさせてあげたらいいんです。

 

フォーチュンジュエルを目醒めさせるために

必要なことは、この3つでした!

 

3要素

 

では今日は、

 

この中から愛されジュエルマインドについてお伝えします。

 

 

自分を内側から満たすポイント

 

先日の記事で、自分を満たすには、

『外側からではできない』とお伝えしました。

 

自分の外側、

 

他人に愛を求めすぎたり
贅沢な物や服、食べ物で満たそうとしても
一番大事な中心部分は満たされないことを書きました。

 

内側がすっぽり空洞になっている、
『ドーナツ化現象』がおきているのです。

 

そのドーナツの穴を埋めるには、
自分自身で内側を満たすしかないのです。

 

では、今日は自分を内側から満たす
ポイントを書いてきます。

 

ドーナツ化が起きている原因の一つとして
『もっと、もっと、、、こうしたい』

と、欲求が強く出ていることが多くみられます。

 

 

これは、自分の内面が枯渇しているからなのですが
その大きな理由として、
自分のことを認めていないからなのです。

 

もっと噛み砕いてみると、

自分を愛せていないのです。

 

 

私のところに相談にくる方々は口々にこう言います。

 

『自分に自信がないんです』

『自分が嫌いなんです』

 

私も、そういう時期ありましたから、すごくわかります。

 

そんな時こそ、

 

本当の自分自身の声を聞いてほしいのです。

何のために生きているのか?
これから先、どんな未来にしたいのか?
どんな夢を叶えていきたいのか?
この答えは、

あなたのフォーチュンジュエル®の中にあります。

 

Gem

 

では、今日はフォーチュンジュエルに気付くための

簡単なワークをお伝えしますね。

1日の間にほんのすこしでも良いので、
自分自身に問いかける時間を作ってもらえたらなと思います。

 

 

夜寝る前の30分など、スマホやパソコンを見るのをやめて
自分と向き合う時間にあててください。

 

そして、

 

心の声を聞いてあげてほしいのです。

 

そこで聞こえてきた声を、
まずは、優しく受け入れて包み込んであげてくださいね。

 

love

 

 

まるで、小さい時の自分と、今の大人の自分が対話するかのように、

 

『うん、そうなんだね。』
『本当は、こんな人生にしたいんだね。』
『うん、わかったよ。』

 

というような自分自身への語りかけができたグッドです。

 

そして、

 

『大丈夫だよ。』『いつも、ありがとう』

 

という感謝の気持ちを自分に伝えてあげてください。

心の中から、じわ〜っと温かい感じがしたら、

フォーチュンジュエルが反応している証拠です。
ちょっとわからないな〜、という方も大丈夫です!

 

まずは、自分と対話する時間を
作るところから始めてみましょう。

ぜひ、試してみてくださいね。

 

 

 

フォーチュンジュエルを目醒めさせる

愛されフォーチュン運命学、

愛されパワーストーンジュエリー、

愛されジュエルマインドの3つを無料で学べるメール講座開講しました!

メール講座でお会いしましょう。

 

花木 えりなが毎日お届けする無料メール講座

Fortuna Mail

メール講座に関する詳細は、こちらをご覧ください。

無料メール講座ご案内ページ

関連記事

  1. Erina
  2. Hanaeri
  3. natural flower
  4. flower